【知っ得】メルカリ職人に聞いた「即売れするコツ」4つ / 画像加工は避ける、売れない商品は福袋にする、など

   


【知っ得】メルカリ職人に聞いた「即売れするコツ」4つ / 画像加工は避ける、売れない商品は福袋にする、など


断捨離すると、家から大量の “イラナイモノ” があふれますよね。ぽいっとゴミにするのもいいけど、捨てるのはもったいない。

そんなときの味方が、フリマアプリ「メルカリ」です。いらないモノはメルカリで売っちゃえ!!

……と勢いづいて出品したもの、いっこうに売れる気配なし。なぜ? なぜなの? 簡単に売れるんじゃないの? 

というわけで今回、出品したアイテムが1日以内に売れる確率90%というメルカリ職人に “即売れする4つのコツ” を教えてもらいました!

【1. 写真の過剰加工は避けるべし!】

売りたい商品の使用感を少しでもごまかしたい!と思って、アレコレ画像加工したくなりますが、これは絶対NGなんだとか。

「メルカリで求められているのは、真実の姿です。加工しすぎると、洋服やコスメの色味がわからず、売れにくくなります。さらにトラブルの元にも繋がるので避けた方が無難でしょう」

【2. 相場とニーズを分析してみるべし!】

売りたいアイテムの相場を知ることは、似たような商品を販売するライバルの金額を知ることに繋がります。さらにメルカリ職人は「いいね」の数で動向を読み取るという……。

「例えば、あるアイテムを3999円で出品してる人に、いいねが10件くらいついてる。だけど売れていない。それはつまり『ほしいけど3999円だと高い!』ってみんなが思ってるんですよ。だから私は3666円で出品。すると、速攻で売れることが多いですね。」

【3. イメージ的に近いブランドのハッシュタグもつけるべし!】


メルカリ職人曰く、「ハッシュタグを制するものはメルカリを制するモノ」なんだとか? いったいどうゆうこと?

「違うブランドでも似たブランドのハッシュタグを利用し、偶然みつけたお客さんをねらいます。例えば、売りたいものが『#3代目 J Soul Brothers』のグッズだとしたら、『#EXILE』 とか『#EXILE TRIBE』のタグもつけちゃうのです。似たようなものが好きな人に見つけてもらうと、売れる確率が上がります!」

【4. 魅力不足なら福袋にするべし、ただし包み隠さずに】

単品だと売れにくい商品があった場合、メルカリ職人は何品かまとめて「福袋」として販売するそう。こうすることでグッとお得に感じてしまうんだとか。でも注意点アリ!

「ちゃんと中に何が入っているか分かるように撮影しましょう。福袋の中に目玉商品があると売れやすくなります! ただしズルをすると悪評に繋がるのでご注意を」

以上です。「なかなか売れない……」とお嘆きの方は、メルカリ職人たち直伝の「即売れする方法」をお試しあれ! メルカリはもちろん、ほかの売買サイトでも役に立ってくれること間違いありませんよ♪

取材・写真:ポーチ編集部
執筆=横山ローズ (c)Pouch

 - 未分類