素人を起用したランジェリーブランドの写真がリアルで素敵です

   


素人を起用したランジェリーブランドの写真がリアルで素敵です

ランジェリーブランドの広告に登場するのはいつだって、スタイル抜群のモデルのみなさん。一般人から見れば、憧れる反面、そこにあまりリアリティーは感じられません。

しかし、ニュージーランドのランジェリーブランド Lonely Lingerie が行っているキャンペーン Lonely Girls でモデルを務めているのは、さまざまな国籍や人種、体型の女性です。

【カメラマンのお母さんもモデルに!】

今年の秋用のルックブックにモデルとして採用されたのは、Lonely Lingerie デザイナーであるヘリーン・モリスさんの友人や、カメラマンのカネドさんの母親など9名。
Instagram Photo

バレリーナにトランスジェンダー ・モデル、アーティストなど、職業や肩書はさまざまです。
Instagram Photo
Instagram Photo

【友人のように思えてくる】

デザイナーのモリスさんは、「私たちは、Lonely Lingerie の信条や価値観を共有できる女性と、仕事がしたいと考えています」と、海外サイト Refinery29 のインタビューで語っています。

写真に写っている女性の体型も、肌の色や髪の色も多様。素顔や私生活が透けてみえるかのようでリアルなのです。笑顔だったりアンニュイだったりする表情を見ているうちに、どんどん親近感が湧いてくるのが不思議です。

【「自分の存在を受け入れてほしい」】

海外サイト Harpers Bazaar によれば、モリスさんはモデルとなった女性のみなさんのことを、「自分自身に誇りを持った独立した女性」だと表現したのだそうです。

また「女性には自分自身の存在を受け入れてほしいし、外見にも誇りを持ってほしい」と語ったのは、カメラマンのマーキンさん。

スレンダーな人、筋肉質な人、ぽっちゃり体型の人。欧米人にアジア人、大きな人に小さな人。世界にはいろいろな女性がいて、それぞれがオンリーワンな存在である。そんな当たり前のことを再認識させてくれる Lonely Girls シリーズです。

参照元:Lonely LabelInstagram @lonelylingerieRefinery29Harpers Bazaar
執筆=田端あんじ (c)Pouch

 - 未分類